かつてからの夢だった戸建

かつてからの夢だった戸建ての居所を購入しました。

転出の前にそれぞれの室内ににクーラーを取り付けなければなりません。

クーラーの数は四つ、なかなかの散財です。

しかしながら、大手の家電量販店で一度に四つ購入するからとお願いすると、大幅に値下げしてくれました。
予定していた金額よりも、かなり安くすみました。家の購入を機に、よそに行きました。

東京都から埼玉県へ移転します。

メンテナンス等でご厄介になっているディーラーの方にナンバープレートを変えるにはどうするのかと尋ねられました。

手続きは運輸局にいってするべきであるということなのですが、実際ににはあまりやらないそうです。

私も東京のナンバープレートのまましています。もし、引っ越しされる方が車をお持ちならば、自動車にも住所変更手続きが必要になります。

ナンバープレートが変わることについては心配になるかもしれません。

これは単純な話で、ナンバープレートの変更は引っ越し先を管轄する陸運局によって決まります。

引っ越しの前と後で、管轄の陸運局が同じならそのまま同じプレートを使って良いのですが、陸運局の管轄地域が異なる場合、変更は強制的に行われます。
違うプロバイダに換えてキャンペーンのキャッシュバックを無事にもらえました。
新しく契約したプロバイダもスピードが速く動作がサクサクと思ったとおりなので、特に不便だと感じることもなく、変えて正解だったなという感想を持っています。

お得な特典がついていたら、プロバイダの変更に踏み切ってみるのもいいと思います。転居をして、住所が変更となった時には、国民年金の住所変更届を提出する必至があります。

自身が加入者である「国民年金第1号被保険者」の案件はお住まいの市区町村の受付窓口に、被保険者住所変更届を提示します。
「国民年金第3号被保険者」の事例では、配偶者が勤務する会社社長に被保険者住所変更届を手渡さなければなりません。引っ越しの時の手続きの中に、転出届の申請があります。しかし、これは現住所と新住所が異なる市町村の場合です。同一市町村内の転居の場合は、転居届になります。

手続きを行う日程は、引っ越しの2週間前や引っ越し先が決定したらすぐなど、市町村それぞれ違う場合もありますので、前もって確認しておきましょう。
今から10年ほど前に、この町で働き始めたのをきっかけに今のアパートに引っ越すことになりました。引っ越してきたときは、3年くらいでここを離れて実家に帰る予定で、住民票は動かしませんでした。しかし、意外と便利で住み心地のいい町だし、職場もいい人ばかりで、思ったより長居してしまい、結婚の話も進んできました。

地方税はこちらの方が安いことにも気づき、これから住所変更しても悪くないかと思っています。引越し業者に指示を受けると思いますが、引越しの前日には、冷蔵庫の電源は抜いておいたほうがベターです。

抜く理由は、常温に戻して冷凍庫についた霜を溶かして、そうして溜まってきた水を取り除くことが可能になるためです。

前もってここまでやっておくことで、移動しているときに、荷物や家の中などをぬらしてしまうのを防ぐことができるのです。うちの洗濯機はドラム式で、少し前に転勤により、引っ越しをしました。
新居に引っ越しの荷物が届けられた時、濡れて水を含んだダンボールに気付き引っ越し業者に連絡を入れてみました。ダンボールが濡れていたのは、洗濯機のホースから出た水だったようで何かのはずみで漏れ出てきてしまったのでしょう。その状態のままで運んできたようです。

他の荷物に水が染みた、というようなこともなく、大した実害もなかったのですが、ホースの中から、しっかりと水を抜いておく必要があるとは思わかなかったです。

でも今度からはぜひ気を付けたいです。家を引っ越すこと自体は別に嫌いではなくて楽しみな部分もあるんですが、国民健康保険等の住所変更のために、わざわざ市役所まで行っていろんな決まった手続きを行わなければいけないところが、面倒くささを感じてしまいます。こういう手続きについても、ネット上で時間の空いたときにさらっと家で行うことができたら楽なのにな、と思ってしまいます。

インターネットのプロバイダーは、新規に加入する人や乗り換える人向けに多様なキャンペーンを設けています。
引っ越しの時や新規での加入の時には、直接電話やネットの利用で申し込みをしないで近所の家電量販店やキャンペーンの特典を受けられるウェブサイトから申し込みを行うとお得です。

引っ越しが終わったら、市町村役場で引越関連の手続きを完了させる必要があります。後、その地区の警察に行って、新しい住所にする必要もあるでしょう。正式には、住民票の写しを出すと、すみやかに手続をしてくれます。
手続きで変更された免許証の裏面には、変更後の住所が記載されています。

Published by